美容室のちょっと変わったサービスとは?

プライスレスの付加価値をつけたおもてなしが小さな感動になる

プチ感動はちょっとした準備でできる

お客様にとっては美容室が自分の為に時間を割いてくれる、という感動を味わえることは重要です。
その感動が再来店への動機になるため、プチ感動を積み重ねられるおもてなしができるかどうかが、固定客の獲得につながります。
おもてなしとは、お金を払って得るサービスとは違い、その人のためだけにその場で個別に行われるものであくまで自発的なものです。
そしてその心配りは、期待値を超えることでより効果が高まります。
例えば小規模の美容室などでは、施術時にリラックス効果のあるアロマを焚くことで、自分だけの空間をカスタマイズしてもらえる感覚を得られます。
ローズやラベンダー、ユーカリなどいくつかから選択できれば、よりおもてなし効果は高まるでしょう。
また例えばウェルカムボードを作成し、お客様の来店を個別に歓迎するおもてなしも女性には特に有効です。
このように、本当にちょっとした工夫でもプチ感動を届ける工夫ができます。

待ち時間を有効活用

美容室には待ち時間がつき物です。
完全予約制で一人ずつ受付ける美容室なら待たずに済むかもしれませんが、多くは予約をしていても施術までに待ち時間が出るものです。
他にもカラーの置き時間や薬剤の浸透を待つ時間を含めれば、数時間を美容室で過ごすことも普通です。
ほとんどの人は待ち時間を覚悟していますので、思わぬ形でこの時間が有意義になることで、小さな感動を感じてもらうことができます。
ある美容室では、待ち時間にスマホの充電サービスをしています。
暇つぶしと言えばスマホの時代なので、美容室でスマホを使いすぎて、帰る頃には充電が無くなっていることもありますが、このサービスがあれば帰りに寄り道もできます。
また店内の一角に駄菓子コーナーを設置し、待ち時間に駄菓子を食べられるようにした美容室もあります。
飴やチョコレートのサービスを駄菓子に変えただけですが、美容室で駄菓子という意外性が受けるようです。


この記事をシェアする